アイバレー

北海道新聞の室蘭胆振に当店が掲載されました!

本日、2015年8月27日(木曜日)の北海道新聞「喫茶店めぐり」という欄に花カフェ アイバレーが掲載されました!

カフェのことはもちろん、当店の生い立ちやガーデンのことについても書いていただきました!

とても感激しております!

花カフェ アイバレー

以下全文

西いぶり

喫茶店めぐり

国道453号を壮瞥町方向から札幌に向かって進むと、右側に突然、色とりどりの花の庭が現れる。国道を挟んで庭の向かいにあるログハウスが「花Cafe Aivalley(カフェ アイバレー)」。

アンティーク調の店内は花の庭を眺めながらくつろげる。

アイバレーは店主の石川淳子さんの母、愛子さんが17年前に藍染め体験施設として開業。

10年前に石川さんが改装し、現在の店をオープンさせた。

店名は「アイ(愛)」と「バレー(英語の谷)」を合わせた。

名付けたのは彫刻家の故 砂澤ビッキさん。

愛子さんと上川管内音威子府村で知り合い、かつて同村に構えた愛子さんの草木染の工房の名前として贈った。

自慢の庭は、花栽培が趣味の石川さんが「国道を通る旅行者らの楽しみになれば」と、7年前から植え始めた。

ピンクのモナルダなど約40種類が約2千平方メートルに咲き誇る。

花を持参する客もおり、石川さんは「みんなで作った庭。ぜひ見に来て」と笑顔で話す。

おすすめメニューは、大滝産アロニアを加えた特製蜂蜜をかける「チーズケーキ」。

アロニアゼリーも付いて価格は500円と手頃だ。

店は計30席。

営業は5月~10月末の午前9時~午後5時で、不定休。

電話 090・2077・4295。

このエントリーをはてなブックマークに追加