アイバレー

カヤックだけじゃない!トレッキングの聖地!

ニュージーランド自体、トレッキングの聖地なのですが、エイベル・タスマン国立公園もトレッキングが楽しめます!

海岸線沿いの美しい海を見ながら、海と自然の景色が良いトレッキングコースは人気が高いです(^^)

素晴らしい景色に巡り会えますよ!

エイベル・タスマン

「この景色 テ・プカテア・ベイが見たくて歩きました…」

 

ニュージーランドで有名なトレッキングコース!

ここにはエイベル・タスマン・コースト・トラックと言われる、全長60kmのトラックがあります。

このトラックは通常3日〜5日かけて歩きます。

ですので、4つの山小屋や19ヶ所のキャンプサイトで寝泊まりする必要があります。

山小屋は32ドル、キャンプサイトは14ドルほどです!

国立公園内ですので好き勝手な場所に寝泊まりはできませんのでご注意を!

エイベル・タスマン

「エイベル・タスマン国立公園の入口にて」

 

五感を使って自然を満喫しよう!

今回僕は15km歩きました。

山小屋など取れなかったので、行って帰ってくる必要がありました。

ですので、行きはカヤックで帰りの15kmをトレッキングで戻ることにしました!

スタートポイント及び拠点の「マラハウ」から「アンカレッジ小屋」までの間を制覇してみました(^^)

エイベル・タスマン

「コースの途中に立ち寄れるビーチが多く点在します」

 

美しい海を見たくありませんか?

コースでは遠くに海が見えるポイントや自然の木々に囲まれるコース、また鳥たちのさえずりが聞こえてきます。

自然を満喫するには「自分の足で歩き、五感を使って自然を体感する」ことが一番ですね!

エイベル・タスマン

「青い海のグラデーションが美しい…」

 

ニュージーランドの代表的なシダを見ながら、鳥たちの美しい声を聞いて、リラックス(^^)

たしかに4時間歩くことは疲れるかもしれませんが、それ以上に充実感があります!

ニュージーランド

「鳥たちの声がまるで歌のように聞こえます!」

 

ニュージーランドのトレッキング事情!

あ!ちなみにNZではトレッキングをトランピングと呼びます。

ここまで何故トレッキングが人気なのか以下の理由が挙げられます。

・自然保護省がトラックコースの整備(道、階段、橋等)、トイレ、駐車場、標識などをしっかり整備している

・人に見せるに値する自然の数々が点在している

・大型の動物(熊など)や毒蛇がいない

などですね!

本当に整備されていて、歩きやすいです(^^)

この整備具合は日本でもなかなかお目にかかれないくらいの充実ぶりですよ!

 

また、大型動物がいないので、森に入ったりキャンプなどしても熊の恐怖がありません。

北海道ではヒグマの存在に怯えますが、NZではそれがないのです!

僕がトレッキングしていた時も、茂みから「ガサガサ!」と音がなった時…

エイベル・タスマン

「こいつでした笑」

 

ニュージーランドでは安全に楽しくトレッキングできる環境が整っています!

しかし、それに過信せず自分の「安全意識」もしっかり持って、自然を楽しみましょう(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加