アイバレー

「清潔」とはどういうことなのか?旅の洗濯やシャワーについて

清潔とは、洗濯やシャワー、身支度、荷造りなどの意味です。(僕なりの)

今回は旅と行っても、BP(バックパッカー)に泊まるということが前提なので、このような情報を書くことにしました。

カヤック遠征やキャンプ旅などシャワーや洗濯など簡単にできないのとは違いますので予めご了承下さい。

 

清潔にすると身体も気持ちもスッキリ、リフレッシュ!

今回は清潔。

やはり身だしなみ、身支度を整えることは大切です。

また、日本人が海外に行くと日本がいかに清潔大国か痛感すると思います。

お風呂やトイレの設備、公衆トイレ、土足土禁の習慣、下水道事情、洗濯機や洗剤の良さ、などなど!

普段日本にいて当たり前になっていることが一歩国を出ると当たり前ではなくなります。

海外旅行を通して日本の良さを改めて知ってみて下さい!

 

BPでは共同のシャワーを使います。

タオル、洗面道具を持参して、シャワールームに向かいます。

たまに壊れて熱湯しかでないという所もありました。笑

僕は全く気にしませんが、共同なので多くの人が男女関係なく使っていますので、そこだけ理解して下さい。

ちなみにドライヤーなどはありません!自然乾燥か持参のみです。

 

アナタの荷物の中にムダな物は入っていませんか?

次は荷物です。

背負うバックパックは軽ければ軽い、または整理されているほど使いやすくて良いです。

また、中には調味料や衣類、洗面用具、その他もろもろ入っています。

旅を続けていくと、入らない物が出てきたり、かさばってきたり、汚くなってしまいます。

気にしない方は良いのですが、整頓したい!と思う方はした方が良いと思います!

BPに泊まった際、何かを取り出す時に楽ですし、どこに何がどのように入っているかを知っていると出し入れや移動日も楽に作業できます!

IMG 4027

 

僕は選別するために、洗面用具用の小物バッグ、ケーブル・充電器関係用の小物バッグなど小物類は専用バッグに分けていました。(ケーブル専用バッグを友達の家に泊まった時に忘れてきましたが笑)

また、大きめのビニール袋も重宝しますよ!

衣類も選択するもの、新しい物に分けられますし、何かを入れる時に役立ちます!

一工夫して荷物を分けてみましょう!

 

洗濯は一回2ドルや4ドルほどです!

乾燥機もそのくらいですが、自然乾燥させる干し場もありますので、お好みで(^^)

毎日洗えるほど金銭的に余裕ありませんし、流石にもうだめかな…と思ったら、ある程度集まった上で洗濯していました!

僕はカヤックを毎日やっていたので、汚れる頻度が高かったのですが、結構着続けていました。笑

 

以上、清潔についてでした!

旅でも大切なことだと思いますし、人とのコミュニケーションをたくさんとりたい方は意識しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加