アイバレー

黒錆加工前の下準備!難関の「ピン」抜きとは!?

黒錆加工を刃に施す前に、まずこの刃を柄から取る、すなわち分解しなければいけません。

YouTubeなどで紹介されている感じだと、ピンがいとも簡単に外れて、楽々と分解していました。

が!!!

実際は結構難しく、かなり苦戦した工程となりました!

それではご紹介(^^)

オピネルナイフの#10となります!

オピネルナイフ

 

刃と柄を分解する!

1、まずロックリングを外します。

   「ラジオペンチ」があると楽で、中央の膨らみ(隙間に)差し込んで、ひねるように外してみて下さい。

オピネルナイフ

 

2、ピン抜きには「ヤスリ」が必須!

ピンを抜くにあたって、重要な事があります。

「OPINEL」と「文字が書いていない」方のピンを打ち抜いていくのですが、コチラ側のピンの頭が少し広がっており、ただ打ち抜いても全く動きません。

なので、やすりなどでこの広がっている頭を削っていき、打ち抜く側のピンの多少の出っ張りを完全になくします。

それから、細い棒状の物を当ててハンマーで一気に抜きます!

ちなみにドライバーはダメです…笑

工具がなく必要のない釘で済ましました。

オピネルナイフ

 

すると、先ほどまで動く気配がなかったピンが…

オピネルナイフ

 

この瞬間はものすごく気持ちかったです(^^)笑

あとは反対側の出っ張りをフライヤー等で引っ張り抜き取ります!

OPINEL

※OPINELという文字が書いてある方が出てきます。

 

刃の脱脂作業が黒錆を左右する!

分解が終了したら、刃の脱脂作業に移ります。

刃の油分や傷、汚れを除去し黒錆がムラなくのるようにする大切な工程です(^^)

OPINEL

 

1、まずはヤスリがけ

#1000の耐水ヤスリで水を付けながら汚れを落としていきます。

ヤスリ後は洗剤で綺麗に洗います。

OPINEL

 

2、脱脂スプレーで油分をカット!

このスプレーで油分を完全に取り除きます。

OPINEL

 

ここまでが下準備です!

次回黒錆を付けていきます(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加