アイバレー

多色、絞り、覆輪の組合せで約5000種もある花とは!

ハナショウブという花が咲きました!

ノハナショウブの園芸種であり、種類が豊富なハナです。

花友の方からいただいたのですが、勝手にどんどん増えていったそうで、分けて頂きました!!!

秋に植え替えをしまして、今ガーデンの入り口に綺麗に咲いております!

ハナショウブはアヤメ類なので、「アヤメ」と呼ばれる場合もありますし「ショウブ」と呼ぶ場合もあります。

花弁は大きく、見ごたえある花ですし、多年草で丈夫な花だと思われます!

 

青のハナショウブ

ハナショウブ

 

紫と薄ピンクのハナショウブ

ハナショウブ 

 

外傷用の薬草やハーブサラダに用いられてきた「ノコギリソウ」

まず目がいくのがその独特な葉です。

櫛歯状という葉を鋸(のこぎり)に見立てて命名された花で、ギザギザとしています。

北半球が主な原産地ですが、日本にも古くから自生している花でした!

また、明治時代にヨーロッパから園芸種として渡来した西洋ノコギリソウも野生化しており、むしろこちらの方が見る機会は多いそうです。

当店は「セイヨウノコギリソウ」です!

セイヨウノコギリソウ

 

蜂が集まってきています。

どうやらハーブなので、蜜を探しているみたいです!

セイヨウノコギリソウ

 

以上でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加