アイバレー

ガーデンや花がお好きな人はもちろん、そうではない人も聞いたことがあると思います!

その名も「ハマナス」です!原生花園の主役です!

バラ科の花で1mほどの低木です。

ハマナス

ハマナスの八重です。

園芸用に品種改良されているのが、この八重だそうです。

バラ科だけあってバラに似ていますよね!茎は小さな棘があり触れるときは皮手をおススメします...

ハマナスは香りもよく、花びらはジャムやお茶、根は染料、8月から10月にかけて結実するのですが、実は果実酒にできるなど、全て使うことのできる万能の花なんです!!!

「ハマナス」の名前はもともと、浜(海岸の砂地)に生え、果実がナシに似た形をしていることから「ハマナシ」という名が付けられ、それが訛ったものだそうです。ナス(茄子)に由来するものではないみたいですね!

 

ハマナス

こちらはハマナスの一重です!

現在は自生するものは少なくなり、ほとんどが園芸用に品種改良されたものが多いと思います!

ハマナスは野生のバラの仲間の中では最も大きい花です!

そのため、非常に存在感があり、特に八重は抜群だと思います!

 

ハマナス

八重の全体です!

このハマナスは知人から頂いたもので、1本の挿し木から徐々に増やし、今ではここまで大きな株に成長しました!

見ごたえあります!!!

ただ!ハマナスには毛虫がかなりつきます...

特にマイマイガなど毒蛾の毛虫なども葉につき食べていくので、対策が必要です!

毛虫は見つけ次第、駆除したり、殺虫剤(花には影響がないもの)を吹きかけるだけでも全然違うと思います!

意外と根気が必要ですが、咲くと綺麗な花ですよ!

 

明日のブログですが、僕のカヤック資格講習のため、お休みします!

ではでは!

このエントリーをはてなブックマークに追加