アイバレー

更新が遅くなりました...

 

今日ご紹介するのは少し珍しい花かも知れません!

1つ目は「ササバギンラン」という花です。

笹葉銀蘭と書き、ラン科の多年草です。

直立した茎は30~50cmになり、白い花を付けます。

IMG 0079

花期は5月~6月で、花は平開せずこの状態が見頃となります!清楚な感じですね!

花の後にできる実はさく果であり、熟すると実の下部が裂け、種子が散布される果実です。

ギンランと似ていますが、背はこちらの方が高く、葉の大型なので目立ちます。

ササバギンランの名の由来はクマザサに似ていることから付けられました。

 

2つ目はキトピロです。

キトピロと言ってもなじみがないと思いますが、行者ニンニクやアイヌネギと言ったらわかると思います!

春の山菜として有名ですが、実はこの季節に花を咲かせます!

白いウニのような面白い花です。

アリウムギガンチウムという花にも少し似ています!!!

IMG 0076

水湿帯に群生しており、そのほとんどの繁殖地は国立公園などの自然保護区です。

当店のキトピロはもともと店の裏に生えていました!

とにかく強いニンニク臭がすごいですよね...

ですが、天ぷらが最高です!!!

花は白の小花をたくさん付けます。

なかなかこの時期のキトピロを見ることはないと思います。

今年はキトピロを採りましたが、増やす目的で何本か残しております!

 

以上、ササバギンランとキトピロでした!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加