アイバレー

北海道大滝のガーデン「アイバレーの庭」製作物語

コマクサという花をご存知でしょうか。

題名にもありましたが、高山植物の女王と言われる由縁は石原など他の植物が生育できないような厳しい環境でも生育することから、その名がつきました。

また、花も美しく「コマクサ」の花は馬(駒)の顔に似ていることに由来しております。

IMG 0002                 

北海道では、知床半島、雌阿寒岳、大雪山系が群生地です。

また、レッドリストの指定を受けており(希少種)、北海道立自然公園条例にも指定されている植物なので、もちろん採取することは禁止されています!!!

また、日本では北海道大雪山にのみ生育する天然記念物のウスバキチョウの幼虫は、日本ではコマクサを食草としているみたいです!

そんなコマクサですが、本日地元の方から頂いたのは園芸種として市場にでているものになります。

高山植物の専門店でも、なかなか置いていない花だとか...

かなり珍しいですしなかなか簡単にはお目にかかれないかと思います。

ぜひアイバレーへ来店して頂き、カフェでゆっくりしたあと花を思う存分見てみてください。

 

コマクサなどの良い花は希少であり、あまり増えていかないものです。

アイバレーではこのような花をもっと増やし、北海道を代表するガーデンへと成長していければと思っています!!!

明日は旬のクリンソウが咲いてきましたのでその情報をお届けします。