アイヌ文様

石川愛子プロフィール

北海道江差町の出身。

1981年音威子府村字生島にて彫刻家である故 砂沢ビッキ氏と出会い、草木染めの創作活動を開始。ビッキ氏により創作活動の地をアイバレーと命名される。

その後、大滝に移住し、草木染、アイヌ文様を研究し綿や絹など様々な素材の古布などを取り入れ、藍や草木で染色し、アイヌ文様をベースとして独特の手法にて作品を作り上げている。

aivalley img 880